PCの動きが遅くなった時の対処法

mainte gazou

 

前回パソコンの動きが遅くなったと感じたら、メンテナンスをすることをおすすめしました。

 

メンテナンスの内容

  • ディスクのクリーンアップ
  • デフラグの最適化

 

今回はデフラグの最適化についての手順をご説明します。

 

デフラグの最適化

 

デフラグの最適化とは、データ分割されあちこちに蓄積されるため、読み込みに時間がかかったり不安定になりやすくなります。
イメージはこんな感じです。

 

defrag gazou

 

緑を読み込みたい場合、分散されているため読み込みに時間がかかります。

 

例えば本を読むとき、ページ順がバラバラだったらどうなりますか?
1ページ目を読んで、次に2ページ目を探して読む、3ページ目を探して読む。
それでは時間がかかってしまいますよね。

 

1ページ目から順番に並んでいれば、探す手間がなくなりスムーズに読めます。

 

それと同じことで、読み込むデータが順番に並んでいれば、読み込む時間も短縮されるということなのです。

 

つまりデフラグは、パソコンがデータを読み込みやすいよう保存場所を移動させます。

 

デフラグの最適化の実行

 

ここでは、Windows10で2つの起動方法をご紹介します。

 

スタートから実行する方法

 

win kanri1

 

 

左下のWindowsマーク ⇒ Windows管理ツール の順に選択します。

 

win kanri2

 

 

Windows管理ツール内下の方の、ドライブのデフラグと最適化を選択します。

 

 

defrag1

 

分析 ⇒ 最適化をする必要があるか調べます。
最適化 ⇒ 最適化を実行します。

 

分析にも多少時間がかかる場合がありますので、私はすぐに最適化を始めます。

 

 

 

エクスプローラーから実行する方法

 

explorer1

 

 

PC内のCドライブを選択し、右クリックします。

 

explorer2

 

 

一番下のプロバティを選択します。

 

defrag2

 

 

全般タブの画面が表示されます。
ツールタブ ⇒ 最適化を選択します。

 

defrag1

 

 

スタートから実行した時と同じ画面が表示されます。

 

 

自動で最適化する設定

 

デフラグの最適化を自動的にすることができます。

 

defrag3

 

 

設定の変更を選択します。

 

defrag4

 

頻度 ⇒ 毎月・毎週どちらかを選択します。
ドライブ ⇒ 最適化するドライブを設定します。

 

ここでは、毎週、すべてのドライブを最適化するという設定になります。

 

 

デフラグの最適化はハードディスクに負担がかかる?

 

という話を聞いたことがあります。

 

要は、デフラグの最適化をしている間は、何度もハードディスクにアクセスするため負担がかかる、ということらしいのです。
しかし、ハードディスク内を断片化した状態にしておくのも負担がかかります。

 

断片化した状態で毎日使い続けるのか、一度最適化して負担を軽くしてあげるのか。

 

今まで最適化をしたことがない方は、とりあえず実行してみてください。
その後は様子を見ながら、毎月・3か月ごと・半年ごとと決めてみましょう。

 

最適化の実行は、自動的ですと毎月か毎週、それ以外は手動で実行です。

 

 

まとめ

 

今回はPCの動きが遅くなった時の対処法として、デフラグの最適化の方法を説明させていただきました。

 

初めてデフラグの最適化を実行する場合一概には言えませんが、かなり時間がかかることが予想されます。
その間パソコンで他の作業をしないようにすることをおすすめします。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ