リンクを貼る時の内窓と外窓

リンクを貼る時の内窓と外窓の使い分け

window

リンクを貼るという作業は、アフィリエイターにとって、報酬を発生させるためにはとても大切な作業です。

 

リンクを貼る方法 ←詳しくはこちらをご覧ください。

 

リンクを貼る時に気をつけなければいけないことがあります。

 

それが、「内窓と外窓の使い分け」です。

 

これがしっかりできていないと、せっかくあなたのサイトに来てくれた方も、取り逃がしてしまう可能性があるのです。

 

内窓と外窓の違いをしっかりと理解しましょう。

 

 

リンクの内窓と外窓の違い

 

まずは、2つのリンクをクリックしてみてください。

 

Yahoo! JAPAN・・・1

 

Yahoo! JAPAN・・・2

 

違いがわかりましたか?

 

わからなかったら、一番上のタブを見ながらもう一度リンクをクリックしてみてください。

 

タブとはこんなやつです。

 

tub.png

 

わかりましたか?

 

それでは、違いを説明します。

 

内窓 Yahoo! JAPAN・・・1

 

1をクリックすると、今見ているタブの表示が変わりましたね。

 

このようなリンクを、「内窓」と言います。

 

リンクが内窓で設定にしてあると、同じタブで新しい画面に切り替わります。

 

 

外窓 Yahoo! JAPAN・・・2

 

2をクリックすると、新しくタブが増えて画面が変わりました。

 

このようなリンクを、「外窓」と言います。

 

リンクが外まで設定してあると、別のウィンドウで新しい画面が開きます。

 

 

内窓と外窓の使い分け

 

内窓と外窓の違いは理解していただけたでしょうか?

 

それでは、どんな時内窓にして、どんな時外窓にすればいいのでしょうか。

 

 

例えば、今見ているサイトから、内窓の設定がしてあるYahoo! JAPANのリンクをクリックするとしますよね。

 

Yahoo! JAPANを見終わって、間違って×で閉じてしまうと、先ほどまで見ていたサイトの画面まで消えてしまうんです。

 

見ていたサイトに戻りたくても、どんなサイトか覚えていなければ戻れなかったり、覚えていたとしてもまた検索しなくてはいけないなど、とっても面倒なんです。

 

 

見ていたサイトから外部のサイトに行き、外部サイトを×で消してしまった。
さっき見ていたサイトに戻れない。

 

あなたにもそんな経験がありませんか?

 

よほど気に入ったサイトでなければ、戻ることを諦めませんでしたか?

 

 

あなたのサイトに戻てきてほしければ、外窓を使いましょう。

 

外部サイトを消してしまっても、あなたのサイトはタブに残っているので、戻りやすくなります。

 

 

じゃ、内窓はどんな時に使ったらいいのでしょうか。

 

あなたのサイト内の記事に、過去記事のリンクを貼ることがあるでしょう。
その場合、外窓の設定にしてあると、タブが増えます。
いろいろな過去記事を読むたびにタブが増えることは、読み手にとって親切とは言えませんよね。

 

タブがたくさんあると、動作が遅くなりパソコンも不安定になります。
最悪の場合、パソコンが固まって動かなくなることもありますので、上手に使い分けたいですね。

 

 

 

内窓と外窓の設定方法

 

HTMLの記述方法

 

● 内窓にするとき

 

<a href= ”ここにURLを入れる” >ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

● 外窓にするとき

 

<a href= ”ここにURLを入れる” target=”_blank”> ここにリンクをかけたい文字を入れる </a>

 

 

上記の違いは青文字の部分で、target=”_blank” を追加すれば外窓となります。

 

 

まとめ

 

リンクを貼る時、内窓にするか外窓にするかを設定できます。

 

内窓は、同一サイト内のリンクに、また外窓は、外部サイトへのリンクに使用するとよいでしょう。

 

内窓と外窓のリンク設定は、target=”_blank” を入れるか入れないかの違いです。

 

これらを上手に使い分けることで、アフィリエイトの成果も違ってくるでしょう。

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ