イージー・カバー・クリエイターを使ってみた

イージー・イーカバー・クリエイターを使ってみた

 

 

 

突然ですが、下の画像を見てください。

 

 

 

 

sumple word sumple ecover

 

 

この2つの違いわかりますか?
というか、一目瞭然ですよね。

 

作成したツールが違うんです。
それも見てわかりますね。

 

左が「WORD」で、右が「Easy E-cover Creator」で作成しました。

 

 

この違い、どのように感じますか?
使用している画像は同じものを使っています。

 

左のほうがちょっと良さそうにみえませんか?

 

 

「Easy E-cover Creator」を使えば、左の画像のようなものが3分間くらいでできてしまうんです。

 

そう、カップラーメンにお湯を入れてから作り始めて、出来上がる頃にはカップラーメンも食べ頃になっているということなんです。

 

例えが悪くてごめんなさい。

 

 

そして、このタイプのものだけではなく、なんと14種類のタイプがあります。

 

 

sumple ecover

 

 

この14種類の画像をつくるのに、10分もかかっていないところがまたスゴイです。

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

欠点が2つあります。

 

 

① 編集画面がすべて英語なんです。

 

 

easy ecover creator

 

 

ちょっとビビりませんか?

 

必要な作業は多くないので、覚えてしまえば簡単なんですが・・・

 

 

② 「Easy E-cover Creator」は画像をはめ込むだけなんです。

 

つまり、文字が入った画像にしたければ、その画像をあらかじめ作成しなければなりません。

 

これは、WORDでもできます。
一番最初に見ていただいた左の画像は、WORDで作成しましたからその画像をはめ込めばOKです。

 

しかし、もう少しカッコよくしたいと思えば、画像編集ソフトを使うことをおススメします。

 

 

おススメ画像編集 「Pixle Editor」

 

ダウンロード不要で、画像編集ができます。

 

 

pixlr top

 

 

赤丸をクリックします。

 

 

pixlr click

 

 

赤い四角の部分をクリックします。

 

 

pixlr hensyu-top

 

 

この画面が出てきたら、お気に入りに登録してくださいね。

 

 

とりあえず、今回は使ってみての感想を書かせていただきました。

 

 

欠点の解決策は次回にいたします。

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪


ホーム RSS購読 サイトマップ