仕事の探し方がわからない時の5つの探し方

仕事探し 5つの探し方

こんにちは、葉月です。

 

ちょっと考えてみてください。

 

あなたが経済的に自立をしたいと思ったとき、どうやったら自立できると思いますか?

 

真っ先に思いつくことは、まずはしっかりとした収入源を確保しようと考えるのではないでしょうか。

 

それでは、収入源はどうしたら得られると思いますか?

 

いろいろな考えはあると思いますが、やはり「働く」ことではないでしょうか。
要は、仕事を探すということです。

 

しかし、仕事を探したいけれど、どうしたらいいのかわからないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、仕事を探す方法をご紹介します。

 

 

仕事探しができる場所

 

  • ハローワーク(公共職業安定所)
  • 求人情報誌 ・インターネットの求人サイト
  • 新聞の求人広告や折り込みチラシ
  • 知人・友人から紹介してもらう

 

ハローワーク(公共職業安定所)

 

ハローワークに行く

各都道府県の主要市町村にあります。
ハローワークでは、就職に関する相談にのってもらったり、求人情報を見ることができます。
インターネットでも見ることはできますが、ハローワークでしか見れない求人もありますので、まずは足を運んでみましょう。

 

所在地: ハローワーク

 

<紹介までの流れ>

  1. ハローワークで求職申し込む。(所定の求職申込書記入)
  2. ハローワークカードを受け取る。
  3. 仕事を探す。
  4. 希望する求人が見つかったら、紹介してもらう。

①と②は初回のみ。

 

ハローワークインターネットサービス

ハローワークが近くにないという方も、ハローワークへ登録していなくても求人情報を見ることができます。
しかし、登録をしていないと企業名が表示されない場合もありますので、登録をすることをおすすめします。
ほぼ毎日更新されているので、こまめに確認しましょう。
*登録について、インターネットで仮登録はできますが、本登録はハローワークの窓口で行います。

 

ハローワークインターネットサービス

 

 

マザーズハローワーク・マザーズコーナー

マザーズハローワークでは、子育てをしながら就職を希望している方に対して、子供連れで行きやすい環境をつくり、職業相談や保育所の情報提供、仕事と子育ての両立がしやすい求人情報の提供等、就職支援を行っています。

 

所在地: マザーズハローワーク

 

 

求人情報誌(求人誌)

 

仕事を探していない人でも、一度は目にしたことがあるでしょう。
街中や駅、コンビニ、スーパー、飲食店等あらゆる場所においてあり、自由に持っていける無料の雑誌です。

 

ハローワークは、紹介してもらう時、ハローワークの職員が企業へ電話して条件等の確認を取りますが、求人誌の場合、自分で企業に連絡を取り面接の日時等を決めます。 気になる仕事を見つけたら、どんどん連絡をしてみましょう。

 

詳細は、しっかりとチェックしてくださいね。

 

 

インターネットの求人サイト

 

インターネットで「求人」と検索すると、それはもうすごい数の求人サイトがでてきます。
検索するとき、探したい場所の市町村名を入力すると、自分にあった就業場所の求人が出てきます。 「○○市 求人」

 

 

 

新聞の求人広告や折り込みチラシ

 

インターネットでの求人検索が主流となっているので、新聞へ求人広告を掲載する企業は少なくなってきているのが現状のようです。

 

しかし、掲載が全くなくなっているということはないので、定期的に確認するほうがいいでしょう。

 

 

知人・友人から紹介してもらう

 

知り合いに頼むのはどうも・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、企業側も社員や知り合いに「働いてくれる人、だれかいない?」と言っているかもしれません。

 

思い切って知人や友人に声をかけてみましょう。
もちろん紹介してくれた方への御礼の言葉は、忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

 

仕事をしたいと思った時、職探しは必ずしなくてはいけないことです。
なかなか自分にあう仕事が、見つからないかもしれません。
また、見つかったとしても必ず就職できるとも限りません。

 

しかし、自立するためには前に進むしかありません。
なかなか決まらないと、職探しが嫌になってくるかもしれませんが、 自立するという強い意志をもって頑張ってください!!

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪



ホーム RSS購読 サイトマップ