あなたにあった働き方を選びましょう

あなたにあった働き方を選びましょう

こんにちは、葉月です。

 

経済的に自立したいと思った時、まずは仕事を探しますよね。

 

 

働き方です。

 

これが違うと、収入等に大きな違いが出てくるんですね。

 

まず、働き方は2種類あります。

 

  1. 家から外に出て働く方法
  2. 家にいながら働く方法

 

こちらを詳しく見てみましょう。

 

 

働き方

 

家から外に出て働く方法

 

働きに出る場合、雇用形態によって働き方が異なります。

 

ご自分の置かれた状況から、自分にあった雇用形態を選ぶとよいでしょう。

 

○正社員(正規社員)
○契約社員
○パート・アルバイト
○派遣社員

 

【正社員(正規社員)】

 

会社で決められた時間(勤務時間)を働き、雇用期間の定めがない
各種保険は完備されている。

 

【契約社員】

 

働く会社と雇用契約を結ぶ。
正社員と違って、雇用の契約時に雇用期間が定めてあり、契約期間が終了すれば退職となる。
3年以上は働けない。
勤務時間、給与は契約により決められる。
条件を満たせば各種保険にも入れる。

 

 

【パート・アルバイト】

 

雇用期間の定めがある場合と、ない場合がある。
給与はほとんどの場合時間給。
条件を満たせば、各種保険にも入れる。

 

 

【派遣社員】

 

人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣社員として派遣先企業で勤務する。
給与・各種保険の管理は、人材派遣会社が行う。

 

 

 

 

家にいながら働く方法

 

小さい子供がいる、介護をしなくてはいけない、などどうしても外に働きに出られないことがあると思います。
でも、少しでも収入がほしい。
こんな方にお勧めの働き方です。

 

<メリット>

 

自分のペースで仕事ができる

 

外でする仕事のように、決められた時間に拘束されません。
自分にあった働き方ができます。

 

 

スキルに応じて働ける

 

家でできる仕事は、誰でもできる簡単な仕事から、専門的な知識を必要とする仕事まであります。
出来高制だから、頑張った分だけ稼げる。
自分で仕事量を決めることができるので、仕事をたくさんこなせばそれだけ収入が増えます。

 

デメリット

 

単価が安い

 

特別なスキルを必要とする仕事以外は、正直単価が安いことが多いです。

 

 

自分自身を管理する能力が必要

 

仕事をする時間は自分が決めます。
家にいると、いろんな誘惑があるので、それに打ち勝つ気持ちが必要です。

 

納期がある

 

約束した納期は絶対です。
納期が守れないと、信用を無くし仕事が来なくなることもあります。

 

 

【在宅ワーク(内職)】

 

在宅ワークは個人事業主となり、企業とは業務請負契約を結びます。
収入は、給与ではなく報酬となり、確定申告が必要となります。
また、社会保険には加入できないので、国民保険・国民年金へ加入しなくてはなりません。

 

仕事の内容

 

  • シール貼、封入
  •  

  • 部品の組み立て
  •  

  • ゲーム機や小型家電の検品、梱包
  •  

  • 各種モニター
  •  

  • データ入力
  •  

  • 記事作成
  •  

  • テープ起こし
  •  

  • ホームページ作成
  •  

  • ネットショップ販売代行
  •  

  • アフィリエイト 等

 

 

 

上記のお仕事は、下記で探せます。

 

 

ホームワーカーズウェブ 厚生労働省「在宅就業者支援事業」
内職手作業の求人NAVI 各都道府県の公的機関内職窓口が検索できます。
ママワークス
クラウドソーシングス

 

 

まとめ

 

外に出て働くか、家で働くか。

 

それぞれメリット、デメリットがありますので、ご自分の置かれている状況を考慮して、自分に合った働き方を、選択されるといいでしょう。

 

仕事を始めると、家事と仕事の両立をすることになるでしょう。
そして、精神的に追い詰められることになるかもしれません。

 

そんな時、あなたひとりで抱え込むのではなく、ぜひご家族の方に助けを求めてください。
決して一人で苦しまないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ