シリウスでランディングページを作りましょう

シリウスでランディングページを作りましょう

sirius

ランディングページ(landing page)とは、ホームページに訪れた読者に購入や申込、問い合わせを促すページであり、直訳すると「着地ページ」となります。
このページは、一般的に「1ページ・1カラム」で作られています。

 

ランディングページを作成するには、有料のソフトを利用されていますが、実はシリウスでも簡単に作ることができます。
ホームページやブログは「ワードプレス」で作り、ランディングページは「シリウス」で作るという方も少なくありません。

 

 

それではどのようにして、シリウスでランディングを作るのでしょうか。
また、作成後はどのようにしてweb上に表示させるのでしょうか。

 

 

ランディングページは新しいドメインが必要?

 

作成する前に・・・

 

「ランディングページは新しいドメインが必要か?」

 

「こんなこと知ってるよ!」という方はスルーしてください。

 

私はずっとわからずにいました。
調べても見つけられませんでした。

 

結論から言うと、必要ないんです。

 

サーバーへのアップロード方法を見ていただけると理解していただけると思いますが、ランディングページをブログ内に保存することにより、新しくドメインを取得する必要がなくなるんです。

 

はじめてすることってこんなことすらわからないんですね。
私は、このことに相当な時間を費やしました。

 

私と同じことで悩んでいる方の参考になればと思います。

 

 

シリウスでランディングページを作る方法

 

 

まずは 「新規作成」をクリックします。
新しいブログを作る感じですね。

 

landing01

 

landing00

 

上記どちらでも構いません。

 

「サイト全体の設定」画面が表示されます。

 

landing02

 

① サイト名
   必須ですので必ず入力しましょう。       例)〇〇のレビューと特典

 

② H1テキスト
   ユーザーや検索エンジンにわかりやすくしてあげるために重要な項目ですが、
   表示させないようにすることも可能です。

 

③ サイトURL
   表示させたいブログのURLを入力します。
   しかし、これだけだと表示させたいブログ上書きされてしまいます。

 

lp setumei

 

④ テンプレート
   シリウスにあるテンプレート、または購入特典で手に入れたテンプレートを選びます。
   その際必ず、「1カラム」を選択してください。

 

⑤ ヘッダー画像
   ここではシリウスで用意してあるヘッダーを使いました。
   できればあなたが用意した画像をヘッダーとして使用しましょう。

 

⑥ ①~⑤を設定したら 「OK」 をクリックします。

 

 

landing05

 

 

記事本文に入力します。
とりあえず、ここでは「テスト」と入れます。

 

するとこの様になります。

 

landing03

 

 

ヘッダーの左上(バスケットボール)に、「テスト」 と表示されています。
また、「サイト全体の設定」画面の 「サイト説明」 を入力すると、「テスト」 の下に表示されます。

 

 

これらを表示させたくない場合は、設定する必要があります。

 

 

landing06

 

landing07

 

 

① サイトオプション ⇒ ② サイトデザイン ⇒ ③ 文字サイズ・文字の位置

 

④  ページタイトルの位置/表示
   サイト説明文の位置/表示
これらの設定を 「非表示(HTMLから削除・推奨)」 に変更します。

 

⑤ 「OK」をクリックします。

 

 

サーバーにアップロードする方法

 

 

landing08

 

「サイト生成」をクリックして保存します。

 

 

landing09

 

「サイト名でフォルダーを作成しますか?」 は 「OK」 をクリックします。

 

 

landing10 landing11

 

サイト生成先は、PCのコンピューター内

 

 「ACES WEB」 ⇒ 「SIRIUS」 ⇒ 「サイト生成」 にサイト名で自動で作られますので、サイト名のフォルダーがあることを確認して 「OK」をクリックします。

 

 

landing12

 

次は、サーバーにファイルをアップロードしますので、「OK」 をクリックします。

 

 

landing13

 

「FTP接続先一覧」が表示されます。
ランディングページを表示させたいブログ・サイトと同じサーバーを選択し 「接続」 をクリックします。

 

 

landing14

 

この画面では
左側が 「あなたのPC内の情報」です。
つまり、先ほどファイルを生成した場所が表示されています。

 

右側が、「サーバーに保存させている情報」です。
ここにアップロードさせますが、その場所は

 

/ランディングページを表示させたいブログのURL/public_html

 

先ほどの例でいきますと /test.com/public_html ということになります。

 

「test.com(ランディングページを表示させたいブログのURL)」 ⇒ 「public_html」 
の順にクリックすると①の表示になります。

 

そこに新しいフォルダーを作成します。
右クリックで 「フォルダー作成を」 を選択するとフォルダー作成画面が表示されます。

 

 

landing15

 

名前はわかりやすい名前にしましょう。
ここではランディングページということで 「lp」 とします。

 

 

landing16

 

新しく作成した「lp」のフォルダーをダブルクリックします。

 

 

landing17

 

新しく作成したので、何もない状態になっています。
この場所は

 

/test.com/public_html/lp ・・・① となっているはずです。

 

確認して、②「すべてのファイル」 をクリックします。

 

 

landing18

 

この様になりました。
これでアップロードは終了です。

 

 

ランディングページのURL

 

ランディングページを表示させるには、URLを表示させユーザーにランディングページへ移動してもらう必要があります。

 

よく使われているのが、レビューはこちらの文字やボタンをクリックして移動させる方法です。

 

要は 「リンクを貼る」 のですが、そのリンクのURLが必要になりますね。

 

 

先ほどの /test.com/public_html/lp を使います。

 

 

http://test.com/public_html/lp となりますが、ここで注意です。

 

 

public_html は削除します。

 

 

http://test.com/lp

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

これがランディングページのURLとなります。

 

 

まとめ

 

ここでは、
ランディングページに新しいドメインは必要か?
シリウスでランディングページを作る方法
サーバーにアップロードする方法
ランディングページのURL

 

について説明させていただきました。

 

仕組みさえわかればとても簡単なことですが、知らないととても難題に感じるものです。

 

この記事があなたのお役にたてましたら幸いです。

 

 

なお、ランディングページの内容の作成方法は、検索していただければたくさん出てきますので、そちらを参考にしていただければと思います。

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ