【体験談】ライティング教材を選ぶ時の注意点

【体験談】ライティング教材を選ぶ時の注意

writing

 

 

今回はライティング教材選びについて、私の経験を踏まえて書かせていただきます。

 

2つのライティング教材を購入

 

 

「伝えたいことがあるのに、それがうまく文章にできない」
ということがありませんか?

 

 

頭の中では
○○について、こうんな風に書いて・・・
など考えるのですが、いざPCに向かって文書を入力しても、
なんだかしっくりこない。

 

しっくりこないから、入力した文章を消してまた入力。

 

これの繰り返しで、挙句の果てに
Webで、「文章の書き方」なんて調べたりして、結局その日は
文章が出来上がらなかった。

 

私はこの繰り返しでした。

 

 

「文章の書き方」と調べると

 

ライティングという言葉が出てきます。

 

そして、ライティングを調べると、
Webライティングとかコピーライティングが出てくるんです。

 

さらにそれらについて調べると

 

「コピーライティングを学ぶと、飛ぶように売れる」
「人の心を動かすライティング術」
「コピーライティングは、ブログでも応用できる」

 

など、購入者心理をくすぐるような言葉がたくさん出てきます。
その道のプロの方が書かれる文章ですから、当たり前なんですけど。

 

 

私は、「これだ!」と思い購入し早速読んでみました。

 

 

「私の求めていたものとなんか違う・・・」

 

 

そう感じた私は、また違うライティング教材を購入しました。

 

 

「あれ?これも違うかも・・・」
「ブログにも応用できるって言ってたけど、どうすればいいの?」

 

 

woman1

 

ライティング教材を読みながら、疑問ばかりでてきます。

 

 

結局この2つの教材、内容は同じようなことが書いてありました。

 

 

昔から使われている〇〇の法則を使うと、購入者が増える、とか
購入者が買いたくなるようなテックニック とか

 

 

でも私が求めているものは違うんです。

 

買ってもらう文章じゃなくて、ブログの文章を書きたいんです。

 

 

3つ目のライティング教材を購入

 

 

しばらくたって、ライティング教材を紹介しているメルマガが届きました。

 

私はそのメルマガを読みながら
「私が購入したライティング教材と同じでしょ」
と思いながらも、気になりました。

 

紹介文を読んでみると、
もしかしたらこの教材は、今までの教材とはちょっと違うかも。
と思い、もっと詳しく調べてみました。

 

  • 記事ネタの探し方について
  • 記事の構成について
  • 記事の書き方の手順について
  • 商品紹介について

woman2

 

などを、初心者向けに作られた教材でした。

 

まさに私が求めていたもの。

 

 

ということで、3つ目のライティング教材を躊躇なく購入しました。

 

 

2つの教材と3つ目の教材の違い

 

 

2つの教材と3つ目の教材は何が違うのでしょうか。

 

それは、前者は売るための文章であり、後者はブログのための文章

 

つまり、「目的」が違うのです。

 

 

2つ目の教材を購入する時、アフィリエイターさんが
「この教材が難しいと思うのなら、それはまだ購入するべきではない」
と説明されていました。

 

今になって、やっとその意味がわかりました。

 

 

アフィリエイトでは、ブログで読む人に情報を提供し、ランディングページで
商品を購入してもらうよう売り込む、という流れが一般的です。

 

 

私は、情報提供であるブログの書き方をすっ飛ばし、ランディングページの
書き方の教材を購入していたのです。

 

 

教材を購入する時、私はこの違いを全く理解していませんでした。

 

 

まとめ

 

ライティング教材の購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、
何の文章作成に悩んでいるのか、もう一度考えてみてください。

 

ブログに書く文章なのか、売るための文章なのか

 

そうすることで、自分に必要な教材が見えてくるはずです。

 

私のように、必要のないものを購入してしまわないよう、
この記事がお役にたてれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


アフィリエイトランキング  <<<ポチッと押していただけると嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ